浜松市における多文化共生の現状と課題 ~2018年度意識実態調査の結果から就学・子育て支援を考える

3月15日に、外国人学習支援センターで行われたシンポジウムには、市内外から77名の方々にご参加いただきました。
参加者を交えたディスカッションでは、調査内容や取組について質問や意見が多く寄せられ、活発な意見交換となりました。
最後に、首都大学東京の丹野教授より、「外国人支援は国からのトップダウンではなく、受け入れる地域の実践から拡大できる」と力強いメッセージをいただき、支援者らから勇気づけられたという声があがりました。

(2019/03/31)

Copyright(c) Hamamatsu Foundation for International Communication and Exchange All Rights Reserved.