「多文化共生総合相談ワンストップセンター」スタート

7月5日(金)午前、「多文化共生総合相談ワンストップセンター」の機能拡充に伴い、浜松市多文化共生センターで記念セレモニーを開催しました。

式典は午前11時から、主催者の浜松市長、来賓である名古屋出入国在留管理局長の挨拶ののち、在浜松ブラジル総領事館領事、名古屋出入国在留管理局浜松出張所所長、公益財団法人浜松国際交流協会代表理事が加わり、記念のテープカットを行いました。

多文化共生センターではこれまでも相談コーナーを設けていましたが、国の「外国人材の受入れ・共生のための総合的対応策」の一環として助成を受け、4月のベトナム語に加え、7月からはインドネシア語がスタートすることで8言語に対応することになりました。さらに、多言語通訳タブレットやポケトークの配備により、相談事業の一層の充実が図られておりますので、ぜひご利用ください。

(2019/07/05)

Copyright(c) Hamamatsu Foundation for International Communication and Exchange All Rights Reserved.