HICE35周年記念誌刊行イベント「世界の人と暮らしてみえる地域」

8月25日(土)、今年3月に刊行したHICE35周年記念誌の記念イベントを行いました。 浜松市で活動する若手建築家グループのメディア・プロジェクト・アンテナと共催で行ったイベントは、1部「記念誌の中身を体験する」(街中多文化スポットツアー+ブラジル料理ワークショップ)と2部「記念誌を通じて多文化共生の伝え方について考える」(編集者やデザイナーを招いた座談会)に分かれており、計33名が参加しました。
参加者からは、「ツアーに参加したことで記念誌の表紙にある棚の意味がリアルに伝わった」「記念誌がHICEの実績ではなく浜松の状況を伝えていることで、HICEのミッションが逆に理解しやすい」などの感想をいただきました。 今後も多文化共生理解の発信に努めていきます。

フィリピンの雑貨店にて。カラフルな色使いのアイス!
フィリピンの雑貨店にて。カラフルな色使いのアイス!
初めて作るブラジル料理。参加者同士も話が弾みます。
初めて作るブラジル料理。参加者同士も話が弾みます。
ブラジル人と日本人のページデザインに対する感性の違いを紹介。対話で互いの妥協点を見つけました。
ブラジル人と日本人のページデザインに対する感性の違いを紹介。対話で互いの妥協点を見つけました。

(2018/09/27)

Copyright(c) Hamamatsu Foundation for International Communication and Exchange All Rights Reserved.