災害時多言語支援センター設置・運営訓練

 HICEでは平成27年3月に災害時多言語支援センターの設置に関する協定を浜松市と結び、当地域に大規模な災害が発生した際には、
多文化共生センターを拠点として多言語による情報発信や相談業務をはじめとする外国人市民の皆さんへの各種サービスを提供することになっています。
 2月5日(水)には「災害時多言語支援センター設置・運営訓練」を行いました。 この訓練は協定を結んだ年から毎年実施し、昨年からは静岡県災害時多言語支援センターとの合同訓練として行っています。
多文化共生センターに集合したHICEスタッフは総務班、情報班、翻訳通訳班に分かれ、運営マニュアル変更点の確認のほか、県から依頼があった翻訳原稿の「やさしい日本語」への変換や英語・ポルトガル語への翻訳作業などを迅速にこなし、作業の手順を再確認しました。

(2020/02/05)

Copyright(c) Hamamatsu Foundation for International Communication and Exchange All Rights Reserved.