発達に困難を抱える 外国人の子どもと保護者の支援者向け研修会

Workshop for Supporters of Foreign Children with Developmental Difficulties and their Parents
Palestra para Apoiadores de Pais e Crianças Estrangeiras com Dificuldades de Desenvolvimento

7月24日(土)と31日(土)の両日にわたり、メンタルヘルス事業の一環として研修会を開催しました。
対面ではフィリピノ語、ベトナム語、インドネシア語、中国語、英語などの通訳者が研修として受講し、オンラインで支援者など69名の関係者が受講しました。
24日は講師に奥村明美氏(浜松医科大学子どものこころの発達研究センター特任助教・公認心理師)をお迎えし、ペアレント・プログラムの手法の一部をワークをしながら学びました。 具体的な例を想像しながら子どものいいところ、困ったところの中にあるギリギリセーフの行動を見つけて、努力しているところを書き出すことで分かりやすい研修となりました。

31日は土屋賢治氏(浜松医科大学子どものこころの発達研究センター特任教授・精神科医)を講師に迎え、具体的なケーススタディを分析しながら解説いただきました。「 行動」とその「背景」、そして「介入・対応」について整理をしていくことで分かりやすかったという感想が多く聞かれました。
支援者向けの研修として貴重な機会を提供している当研修を、今後も継続して開催していく予定です。

(2021/07/24)

Copyright(c) Hamamatsu Foundation for International Communication and Exchange All Rights Reserved.