オンラインシンポジウム「多様性を 生かした企業づくり」を開催しました。

10月29日(金)に、「浜松市外国人材活躍宣言事業所認定制度」の創設記念として、「多様性を生かした企業づくり」を開催、およそ150名の方が視聴されました。

基調講演に馬越恵美子氏(桜美林大学教授)をスピーカーとしてお迎えし、「多様な人材を輝かせる企業であるために」と題して、企業における異文化経営の研究に取り組んできた経緯などを交えながら、波乱万丈に満ちた人生経験をお話しいただきました。
続くパネルディスカッションでは、㈱ソミックマネージメントホールディングス代表取締役社長の石川雅洋氏、㈱静岡県セイブ自動車学校代表取締役社長の早川和幸氏、そして鈴木康友浜松市長をパネリストに迎え、モデレーター池上重弘氏(静岡文化芸術大学教授)の司会進行でさらに議論が深まりました。

浜松市は南米系日系人の30年以上の受入れの歴史というベースがありますが、彼らを正社員として登用されてきたセイブ自動車学校での取り組みから、ソミック石川の留学生など高度人材の登用の試みまで、幅広い事例が紹介されました。 また、これら先駆的な企業を認定する市のしくみやダイバーシティに関する取り組みについて、市長が熱く語られました。

価値創造型の多文化共生都市としての浜松市の方向を広く知らしめるシンポジウムとなりました。

馬越恵美子氏
馬越恵美子氏

(2021/10/29)

Copyright(c) Hamamatsu Foundation for International Communication and Exchange All Rights Reserved.