HOME >> 刊行物 >> 定期刊行物

刊行物

定期刊行物

HICE NEWS

2015年4月号よりHICE NEWSが全面フルカラーへと一新しました。日本語にルビをふり、部分的に英語とポルトガル語を併記しています。 英語、ポルトガル語の詳しい情報についてはホームページ、Facebookなどをさらに充実させていきますので、そちらをご利用ください。 年2回(9月と3月)はトピックスなども盛り込んだ特集号を発行しますのでお楽しみに!

HICE NEWS

バックナンバー

HICE NEWS (2019.05)

「世界のE-文化」講師インタビュー

アティフ・アルジャボールさん(ヨルダン)


毎月母国の文化を英語で紹介する「世界のE-文化」。
3月の講師アティフ・アルジャボールさんに出身国ヨルダンについてお聞きしました。

●ヨルダンの特徴について
ヨルダンには大きく分けて3種類の人がいます。 私が生まれたのはベドウィン。 ヤギやラクダを飼い、その動物のための水と草などを探して旅をする遊牧民です。 昔はテントに住んでいましたが、時代が変わり今は定住しています。 そのほかに都市に住んでいる住民と地方で農業を営んでいる人たちがいます。

●有名な場所は?
ご存知の通り死海が有名です。 世界一番海抜が低い湖です。 死海と呼ぶ理由は、川に繋がっておらず陸に四方を囲まれていて水が入ることも出ることもないからです。 塩分が多いので泳いでも沈みません。またワディ・ラムも有名です。 ヨルダンの南にあり、足を踏み入れるとまるで月の世界のようです。 見渡すと山や空がすごくきれいで特に夜の景色は本当に素晴らしいです。(スターウォーズのロケ地だそうです)

●ヨルダンの人気の食べ物は?
お客さんを歓迎するときに作るムンセフという料理があります。
コメ、パンと羊の肉で作ります。 ヨーグルトも作ります。
また、ヨルダンの料理は香辛料をたくさん使うんですよ。

●アテフさん自身について
アメリカの大学で経営学を専攻し卒業後にヨルダンの軍隊に入隊しました。 17年後、中佐として退職したあとは民間の航空会社でセキュリティーマネージャーとして働いていました。 日本に来たのは2年前です。

●日本について
とてもフレンドリーで道を尋ねると目的地まで連れて行ってくれる。 素晴らしいです。
また、夜でも子供が歩いていても大丈夫なんて本当に安全な国だと思います。

今月の「世界のE-文化」はブラジルです。 お楽しみに!

           CIR国際交流員 ダニエル・フイン

HICE NEWS (2019.04)

U-ToC日本語教室初級クラス
プロジェクトワーク発表会

 「どうして日本の子供は自分で学校へ行きますか?」
 みなさんはこのことに疑問を感じたことはあるでしょうか? 国によっては治安などの事情でスクールバスでの送迎が当たり前な所もあります。 他にも「どうして日本人は長生きしますか」や「どうして日本人は結婚する年齢が高いですか」など、様々な疑問がテーマに取り上げられました。
 浜松市外国人学習支援センター(U-ToC)の初級クラスでは、テキスト学習を終えた後、プロジェクトワークを行っています。 プロジェクトワークは、日本人や日本の文化・習慣について自作のアンケートで調べ、結果をまとめて発表するワークです。 日本人の当たり前は、外国の方にとって疑問に写ることも多く、外国人ならではの視点が、日本人来場者に「おもしろい!」と好評を得ています。 発表会後の交流会では、それぞれのテーマを話題にして、日本人来場者と話の輪が広がります。
 また、「短い期間で日本語を学び、もし自分が英語で発表する立場だったら、できない」との声もいただくんですよ。 次回は9月に開催予定です。 お楽しみに~♬

HICE NEWS (2019.03)

HICE NEWS (2019.01)

<<報告>> フォーシーズンズ外語学院様よりプレゼントをいただきました!

平成30年12月、HICE賛助会員の
株式会社フォーシーズンズ外語学院様より、本や文房具をいただきました。
プレゼントが、ベトナム人とフィリピン人の子供学習支援教室に届けられると、子供たちは喜んで開封していました。
あたたかいご支援をありがとうございました。

HICE NEWS (2018.12)

浜松市に住んでいるいろいろな国の人に聞いてみました!

おしえて!世界のあけましておめでとう!

HICE NEWS (2018.10)

アイルランドの妖精

今回はハロウィンにちなんで、アイルランドの伝説的な妖精を紹介したいと思います。

●Banshee/バンシー
バンシーはアイルランドの神話にでてくる女の妖精です。 死の予兆とされています。 人が亡くなると、バンシーがその死を知らせるために、泣き叫びます。また、人の死も予告すると言われています。 伝説によると、バンシーの泣き声が誰かの家の外から聞こえたら、その家族から近いうちに死者がでるとされます。 バンシーは、髪がくしゃくしゃで赤や緑の服を着ているおばあさんとしてよく描写されますが、美しい若い女性の姿をしているという話もあります。

●Dullahan/デュラハン
デュラハンはアイルランドに伝わる首のない姿をした妖精で、腕の下に自分の頭をかかえながら黒い馬に乗っています。デュラハンは脊髄から作られたムチも持っています。 よく男の姿をしていますが、女性の姿として描写されることもあります。バンシーのように人の死を予言する妖精です。 デュラハンが人の名前を呼ぶと、呼ばれた人はすぐ亡くなります。 デュラハンはだれにも止められず、どこでも行けます。 近寄ると、門や錠が開きます。 デュラハンは、人に見られることが嫌いで、また金を怖がるため、金貨やアクセサリーで追い払えると言われています。 デュラハンは様々なポップ・カルチャーでも見られます。 例えば、「デュラララ!!」という日本のライトノベルやアニメでは、盗まれた頭を探しながら池袋に住んでいるデュラハンのキャラクターが登場します。

●Leprechaun/レプラコーン
レプラコーンはアイルランドの神話のキャラクターの中で一番知られているかもしれません。レプラコーンは帽子をかぶって、コートを着て背が低くてひげを生やした男性として描写されることが多く、ほとんどの時間を靴作りについやします。 虹のたもとに金のつぼをかくしていて、いたずらが好きで、金のつぼを探している人をよく騙します。 伝説によると、もし人間がレプラコーンを捕
まえたら、解放と引き換えに三つの願いをかなえてくれるそうです。
もしアイルランドを訪ねる機会があれば、私の出身のダブリン市にあるレプラコーン博物館へ行ってみてください。 ここはレプラコーンだけではなく、アイルランドの神話の博物館でもあります! 最後に、アイルランド語で「またね!」という意味の言葉で終わりたいと思います ̶ スラン・ゴ・フォイル!

※CIRニュース2017.10月号より抜粋

浜松市国際交流員 ニッキー・カルロス

Next>>
サブメニュー サブメニュー
Copyright(c) Hamamatsu Foundation for International Communication and Exchange All Rights Reserved.