講座の予定
トップページ >> 講座の予定

外国人のための日本語教室

* 受講料無料 / 託児あり(要相談)

入門クラス(2017年度・年間予定)

日時 週5回(全10回/期)

第1期
期間:4月17日~4月28日
日時:月曜日~金曜日 9:30~12:30

第2期
期間:8月7日~8月28日
日時:月曜日~金曜日 9:30~12:30

第3期
期間:12月4日~12月15日
日時:月曜日~金曜日 9:30~12:30
定員 各コース20人
対象 はじめて日本語を勉強する人
資料 資料(ちらし新しいウインドウで開きます)

初級①・②クラス(2017年度・年間予定)

日時 ≪初級①≫全25回/期
第1期
期間:5月8日~7月3日(週3回)
日時:月曜日 13:00~15:30
   水曜日  9:30~12:00
   金曜日  9:30~12:00

第2期
期間:9月4日~11月6日(週3回)
日時:月曜日 13:00~15:30
   水曜日  9:30~12:00
   金曜日  9:30~12:00

第3期
期間:1月10日~3月9日(週3回)
日時:月曜日 13:00~15:30
   水曜日  9:30~12:00
   金曜日  9:30~12:00


≪初級②≫全25回/期
第1期
期間:5月9日~6月30日(週3回)
日時:火曜日 13:00~15:30
   水曜日  9:30~12:00
金曜日  9:30~12:00

第2期
期間:9月5日~10月31日(週3回)
日時:火曜日 13:00~15:30
   水曜日  9:30~12:00
金曜日  9:30~12:00

第3期
期間:1月11日~3月8日(週3回)
日時:火曜日 13:00~15:30
   水曜日  9:30~12:00
金曜日  9:30~12:00
定員 各クラス20人
対象 初級①=入門が終わった人
初級②=初級①が終わった人
資料 資料(ちらし新しいウインドウで開きます)

実践クラス(2017年度・年間予定)

日時 ≪実践≫全16回/期

第1期
期間:5月8日~6月29日(週2回)
日時:月・木曜日 9:30~12:30

第2期
期間:9月4日~11月2日(週2回)
日時:月・木曜日 9:30~12:30

第3期
期間:1月11日~3月8日(週2回)
日時:月・木曜日 9:30~12:30
定員 20人
対象 初級②が終わった人
資料 資料(ちらし新しいウインドウで開きます)

読み書きクラス(2017年度・年間予定)

日時 ≪読み書き≫全40回/期
第1期
期間:5月8日~10月4日(週2回)
  (8月11、16日、18日は休み)
日時:水曜日 13:00~14:00
   金曜日 13:00~14:00
    
第2期
期間:10月13日~3月16日(週2回)
  (12月27日~1月5日は休み)
日時:水曜日 13:00~14:00
   金曜日 13:00~14:00
定員 20人
対象 誰でも
資料 資料(ちらし新しいウインドウで開きます)

ボランティアの養成講座

* 受講料無料

【申込受付は終了しました】 第2期 日本語ボランティア養成講座(全16回)

日時 【参加申し込みが定員に達しましたので、申込み受付を終了させていただきます。】

日 程:平成29年11月14日~平成30年3月20日(火)

時 間:14:00~15:30

会 場:北部協働センター(浜松市中区葵東1丁目15-1)
駐車場:車でお越しの方は、北部協働センター第3駐車場をご利用ください。

申込み・お問い合わせ:
    浜松市外国人学習支援センターへ
    【電話:053-592-1117】
定員 20名(先着順)
対象 地域の外国人の方々に対するボランティア活動を始めたい方

講座修了後は
・放課後学習支援ボランティア
・おしゃべりボランティア
・読み書きボランティア
内容 講座内容予定(一部抜粋)

異文化理解
外国人生徒の現状
市内公立小学校での放課後学習支援での実習
U-ToC日本語教室(読み書きクラスまたは、おしゃべりタイム)での実習
資料 資料(2期 日ボラ チラシ(おもて)新しいウインドウで開きます) / 資料(2期 日ボラ チラシ(うら)新しいウインドウで開きます)
講座期間中に実習があります。
実習日の曜日、時間、会場が変わります。詳細は講座初回にてお知らせします。

受講料:無料
託 児:なし

異文化を学ぶ多文化体験スクール

* 受講料無料 / 託児あり(要相談)

外国人支援者のためのポルトガル語講座

* 受講料無料

その他

託児について

対象 5ヶ月から6才まで。(小学校入学前)
託児は事前にご相談ください。
Copyright(c) Hamamatsu Foundation for International Communications and Exchanges All Rights Reserved.